前へ
次へ

トマトのおすすめ調理法

わたしはトマトが大好きで年中食べています。
生でそのままサラダやカプレーゼにして食べるのはもちろん、カレーに入れたり、味噌汁に入れたり加熱して食べるのも大好きです。
一番のおすすめ調理法は焼きトマトです。
ドリアの上にのせて焼いたり、そのままトマトのみを皿に盛りチーズやマヨネーズをかけて焼いたり、冬でも体を冷やさずトマト料理が楽しめるんです。
トマトを焼くと熱々じゅわじゅわになります。
独特の酸味と少し感じる甘みがアクセントになるので、マイルドな味のドリアやグラタンのトッピングにもピッタリなんです。
しかも、色は赤いままなので、料理の見た目を華やかにしてくれる効果もあると思います。
わたしがトマトを焼くときには、いつも皮をむきます。
もちろん皮つきでも問題ないのですが、焼くと実がトロトロじゅわじゅわになる分、皮が残る感じがしてしまいます。
それが少し気になるのでいつも皮をむいています。
湯むきでもOKですし、包丁でリンゴの皮むきのようにむくのも簡単でおすすめですよ。
トマトといえばサラダ…、そんな風におもっている方はぜひ一度焼きトマトという調理法をお試しください。

Page Top