前へ
次へ

油を使う調理法として

揚げ物と言えば人気がある調理法になります。
揚げ調理では大よそ油が用いられることになり、それは動物性であることもありますし植物性であることもあります。
摂氏100°以上が基本的には油の沸点になりますので水のように煮る料理とは異なり極めて高い温度での加熱が可能になります。
高い温度の油に食材を投入することになりますので瞬間的に沸騰して表面の水分が蒸発するということになります。
これによってタンパク質等が変化して硬くなります。
この固さがカリッとした食感を出すので人気が出ている調理異なるわけです。
油を使うということになりますがカロリーが高めになるという傾向が高いです。
動物性より植物性の方がカロリー的には低くなるということもありますので意識して、油を変えるということも考えてみると良いでしょう。
火事になる可能性が料理の中ではダントツで高いとされていますが、実際には気をつけていればほぼ問題はない調理法になっています。

Page Top